2012/12/31

デイリーヤマザキで朝食を

わらぐろと月
往路、西の空
復路、東の空

早出して走り納め

大掃除の続きがあるので
ゴミだしの前には帰宅する約束

時折アラレと雨が降ってくる妙な天気
コンビニパン屋で朝飯を済ませて折り返す

本年は誠にお世話になりました


2012/12/30

インラインのロングは何キロ?




小指のヒートモールディングの効果の確認を兼ねて
ソロで、ロングランを試してみました

総移動距離: 63.2km
スケート: 52.7km
ジョギング: 9.4km
 歩き: 1.1km

モールディングの効果は?というと
痛みは軽減されたけど満足できる状態ではなく
あとは、慣れるしかないのでしょうか、、、
 
自宅から見沼用水わきのサイクリングロードまでスケートを背負ってジョグ。ベンチでブーツを装着して、滑走開始。

なんか、おかしい。

「荒川のんびりのLongRun」の時には感じなかった、左足のむこうずねの筋肉の緊張がはんぱない。きっと、走り出しだし、路面悪いし、「そのせいっだ」っと、自分に言い聞かせ進むも一向に改善する気配なし。

左だけダメ。なぜ、、、

「そういえば、フレームのセッティングを変えたなあ、のんびりの時は若干アウトよりにしてあった。今回はど真ん中。でも、右はいいんだよなあ、、、」

あまりのつらさに川口自然公園で休憩しつつフレームセッティングを試す。

左だけアウト側に平行に2mmずらしてみる。かなり大きな変化だけれども効果が微妙だとつまらないし、やりすぎだったら戻すほうが性分にあってる。

ずばり! やり過ぎでした。
むこうずねの緊張はなくなりましたが、ストライドが詰まる感じ。これまでに比べ、格段に良いので気を取り直して芝川を下ります。
「次の休憩で1mm戻そ」



さくらで1mmイン側にもどして左右均等の感覚になったところをみると、自分の足か、ブーツの個体差じゃろなあ。

乗り味が良くなったので快調にすべりたいのですがあいにくの向かい風。風の影響は自転車より大きいかも。ばりばり前傾とらないと前面投影面積大きいもんなあ、、、そんな、筋力もちあわせておりません!

千住新橋付近の河川工事でサイクリングロードが途切れているあたり、距離もなかなか良くなってきたので折り返します。

ついでにささやかなランチをとり、さて、追い風に乗るか!と思うと微妙な風向き、まあ、いつものことで慣れてますけど、、、
 



年末のくそ忙しい時期に、のん気にスケートとはこれまた酔狂な!すれ違ったスケーターは、帰りのサクラ付近でスピード系1名のみ。

話かけたところ、なんでも、スタートが遅かったので帰りはナイトランだとか、、、気合入ってます。 年末の挨拶をかわしてお互いの道を進みます。お気をつけて~!

このあたりで、結構、足痛いし、疲れたし、筋力も売り切れてきました。
超、だらだらと、芝川を遡上します。途中サイクリングロードの寸断されている部分の階段が疲労した体に堪えます。往路ではあまり感じなかった小指の痛みが、キッツい~!

普段は目もくれぬ芝川マリーナとか写真を撮ったりしてなんとな~く休憩します。
しかし、疲労がかさみ、すべりがバタバタになってきたので、これ以上のスケーティングは危険と判断。復路の川口自然公園でブーツを脱ぎました。

でも、まだ8km以上あるんだよなあ、、、残っている筋肉使ってジョグしかないか。どうせジョグならヒザにやさしい不整地いこうか、、、


スケートのアベ : 14.3km (53.8km / 1.1kmのジョグ含む)
オッソ!マイガー & 疲労こんぱい

もすこしトレーニング積めば
50kmレンジは楽しめるようになりそうです
自転車のロングは150kmからだと思うけど
インラインのロングは今のところ50kmくらいで許して!


2012/12/28

ヒートモールディング、3回目

BONT Semi Race 110

小指の付け根の痛みを和らげるため再モールディング
親指の付け根、小指の付け根、内側のくるぶしに
パッドを当てて、ひろがりますよ~に♪


セットにはABEC7が付いてきた、今はもっとエライやつもあるみたい
10年前はABEC5が高嶺の花で、ABEC3使っていた

 
ヒートモールディングの時にはフレームを外します
 はずさなくても良さげですが、フレームが長くてヒーターに入りません

 スピードスケートのフレームはかなりインよりにセットする感覚です
オフセットの幅は+-5mmほどありますが何が良いのか判らないので
とりあえず、ど真ん中でいってみましょう


10年前に買ったNINJAツールと呼ばれるこの工具
インラインスケートのメンテ用の機能が凝縮されています
今でも定番みたいで、普通に流通しているようです

4mm、5/32、1/8、フィリップス#2
ベアリングプッシャー、ベアリングプラー

2012/12/24

エッジをください


イブの朝、あまりに天気がいいのでアイスリンクをチェ~ック!
 見るだけではつまらないのでシューズを借りて
どんなもんか滑ってみました

ワイトクリッスマ~ス♪

最後に氷上に立ったのは、インラインを休止したよりも前
ということは、15年くらい昔かなあ、、、
思い出せませ~ん


レンタルのシューズは今も昔もこのスタイルみたい
ハードシェルなレクリエーションモデルを想像してたんだけど
フィギュアスケートみたいなやつです


で、まあ、ぜんぜん滑れませんでした
シューズの皮がくねくねでブレードに乗るのが難しいし
エッジがダルで体重をしっかり乗せないとズレまくり
よって、バンクさせられない→何もできない

たぶん、スリリングを楽しむためのセッティング
若いカップルむけなのじゃ!
ムキー、ムカツク

おやぢの一人旅には研ぎ澄まされたエッジが必要なのじゃ
哀しい心を熱い思いで満たしてくれる
触れるだけで切れるようなヤツが、、、

レンタルシューズは勝手に研いだら怒られるんだろうか?


開場の9:00AMから1時間くらいまで空いてましたが
10:00AM以降はたくさんの来場者が押し寄せて
さらにスリリングさと寂しさがパワーアップ!

10:30~11:00に行われる整氷作業のタイミングで退散しました

まあまあ、おもしろかった?


2012/12/23

インラインのサンタ


BONT Semi Raceを2度目の熱成型
ようやくくるぶしの痛みが許容値になってきて
そろそろ乗れそうかも、、、というわけで

荒川のんびりLongRun (in X'mas)という
 イベントに参加させていただきました

このイベントは荒川サイクリングロードの河口側から
右岸を20kmほどジョギング程度のスピードで遡るというもの

天気予報は微妙に外れて
薄暗い冬空にはなかなか晴れ間は現れないものの
風も無く、気温もさほど低くなく
まずまずのスケーティング日和となりました


12月末の開催日は
サンタの格好で滑走するのが基本のようで
女子は愛くるしいサンタガ~ルです

私は、、、いつもの山屋の格好


グランドから駆け寄ってくる子供たちから
「サンタさ~ん、プレゼントちょうだ~い!」
と、声をかけられるたびに、サンタさんが
ささやかなプレゼントを配ります

えらいなあ

私は自転車では、今までなるべく干渉しないよう
そそくさと通り過ぎてたので大変ほほえましく新鮮な光景でした

「サンタさ~ん、3DS LLちょうだ~い!」
そ、れ、は、
親からもいなさいっ


赤羽付近まで遡上して、つかの間のスケーティングは終了
私のガーミンは22.6kmを表示していました
駅近のファミリーレストランで遅い昼食と歓談の後、解散
 
荒川のんびりLongRunの主催者さま
諸先輩の皆さま、お疲れ様でした

皆さまと大変楽しい時間を共有できましたことに御礼申し上げます


さて、BONT Semi Raceはフィッティングに少々問題が
すべり初めて1.5hくらいから小指の付け根が痛くなり
後半はかなりキツかったあ、再度、熱成型か?

2012/12/14

インラインスピードスケート難易度高し

BONT Semi Race 110

熱成型して、組み立てて、試乗して、コケタ

たった一回の転倒でブーツが結構なダメージを、、、泣
スピードスケートはニワカは乗るなってことじゃ

これまでに使ったインラインとは全く別の乗り物
操作性や乗る位置がまったく違うし
浅いカットはカフにたよった乗り方できないし
長いフレームのさばきがむずいし
止まりにくいのにスピードが出てコワイ

かなり苦闘してます
今までの技術はニセモノだった、と、痛感

2012/12/08

靴が来た


 ROCES Impala 62 に試乗してみたものの
どうしても、こいつでロングライドするイメージがわいてこない
   
長距離が快適なのは自転車ならロードレーサー
インラインならスピードスケートなんだらろうなあ
しかし、そもそもインラインスピードスケートって
どこで買えばいいのやら
   
マスプロブランドモノはフィーリングが合わなかった思い出があるので
ブーツの熱成型ができるBONTがいいかなあと期待するも
安定供給している代理店がみつからない
 しょうがないからメーカー直販かあ
   
同社の自転車シューズは後発アイテムなのに代理店があるってーのに
弩マイナースポーツの、ど真ん中なんじゃな
インラインスケート愛好家って日本に何千万人いるんだろうか?
ふふふっ


コンパクトな荷姿は、、、
なるほど、バラバラ、パーツ単位で納品です

熱成型するので当然といえば当然だし
組み立てる楽しみもある

熱成型はスキーブーツの成型にくわしい知り合いに相談しよっと

BONT Semi Race 110
ボント、セミレースは深めのミッドカットブーツを採用し
ロングライドやスピードスケートエントリーユーザーに向けたモデル
   
熱成型が可能なブーツのソールはカーボンモノコック
私が選んだオプションは6061アルミフレームに
4個の110mmウィールを装着したリーズナブルなタイプ

シリアスレーサーでなければ
十分に軽く、硬く、レスポンスも良さそう

試乗がめちゃ楽しみだけど
生まれて初めてのスピードスケートに不安もありあり


2012/12/02

インラインスケートのリハビリ

そんなあま~い経験は一度もないけれど

デートの定番としてアイススケート場で手を取り合う二人、なんて
ありきたりのドラマのシーンが思い浮かぶ冬が来た感じ

近年は施設の老朽化や利用者の減少で
街のアイススケート場は次々と閉鎖、休止してる
ちょっと寂しイ時代の変化が伺えます


なぜだか突然のマイブーム
リアルに久しぶり、10年ぶりのインラインスケート
べつに下心があるわけじゃあありませんぜ

サイクリングロードを公園まですべり
閉鎖されている駐車場でリハビリしてみました 

完全には忘れてないもののかなりぎこちなく
若いころのしなやかさも無いし、ぐだぐだになりました

本日15kmくらいなのに、靴擦れと妙な筋肉痛
こんなんでは50kmとか無理じゃね?
アグレッシブ系ブーツでロングはきついかあ、、、

2012/11/27

年末イルミ


ま、去年と同じ新都心けやき広場の電飾は
ありきたりのBLUE & WHITE LEDじゃ、が
青のジェット合わせるとクール感極まるエ・・・

2012/11/26

ウィンタースポーツのまねごと


なぜだか突然すべり系をやりたくなって
屋根裏から引っ張り出してきました

ROCES IMPALA 62

10年くらい前のだと思うけど
バートと呼ばれていたカテゴリーのシューズ


引っ張り出してみると、しまいこんだ当時のまま
内側に硬度の高い小径ウィールが入ってます

これは、レールなんかをグラインドするためですが
もうそんなトリックは危なくてできないので
操作性重視で同じサイズに戻しました

今やりたいのは50km程度の気軽なライドです

今週末にでも軽く滑ってみるつもりですが
シェルやウィールの強度はいかほどのこっているのでしょうか

 不安材料がひとつ、、、

同じ場所から引っ張り出してみたアイススケートシューズは
見事、加水分解を引き起こしてました
ちょっと力を加えると面白いように割れます

こちらは20年モノですけどね!



2012/11/20

元・ママちゃりで颯爽と、乗車可能

カゴはMIYATAの子供車用、グリップはVero
SUGINO 170mm 52T クランク

 アクスル系の問題は未解決ですが
乗車可能状態にこぎつけました

 イメージカラーはブラッケンホワイト

肝心な乗り味は、幾分軽くなったものの
ママちゃの域は脱せず
悪かないってところ


 ママちゃり改造 AFTER
 ママちゃり改造 BEFOR

2012/11/18

初冬のMTBツーリング


アフロのメンバーのお知り合い、Y氏のガイドにて
冬の声聞こえる2000m級の山から里へと下る

押して担いで登った以上に長いシングルトレイル
30センチの深さの落ち葉のじゅうたん
緩やかな傾斜と緩やかなバンクの連続
ほど良いギャップとつづら折り

めくるめく上質なルートに言葉も出ない
天気も快晴、、、こんなこともあるんです、ね!

朝のダム湖で待ち合わせ、ピンと張り詰めた空気の中、車のデポ地への移動します。

マシンはスコッティーをチョイス。

パスハンターで今回のコースを何度も経験されているY氏からの、オールドマシンでの参加を促すメッセージを拝見しましたが、とてもとても、、、勘違いしなくてよかったです。

SCOTT SCALE 29 ELITE

アプローチを開始してすぐ、白糸の滝の標識。とりあえず自転車をデポして観光しましょう。

白糸の滝、下部に小さな虹

じっくり眺めながら熱いお茶でも飲みたいところですが、長いトレイルは始まったばかり。早々に引き上げて先を急ぎます。
なのに、また別の滝の標識につられてしっかりと観光。この滝を参拝すると子宝に恵まれるのだとか。わたしにゃ関係ございませんが。

さて、気合を入れて登りましょう。2000m級なので結構あるよ!

基本押し、急坂や段差で担ぎ、ゆるい坂はコギ。

開けた鞍部で休憩

行動食を流し込み呼吸を整えます。

T先輩のオルベア
熊笹の原から南アルプスを望む。別のアングルでは富士山も見えました。

風が強くて短パンの裾にしみるー。

「寒くないですか?」
「寒いです」
「、、、」

みたいな会話



すこし詰めて、最高到達点付近。ここでランチタイム。

次の写真は防火帯(↓)のスロープですが、これってすごくないか~ごっつぁんです!

といっても、かなりな急斜面。スピードがわたしの許容値を超えるので、そろりそろりと足つきながら下りました。これをパスハンター(今回はMTB)で行くというY氏って、、、 スゴすぎねえか



のどかな山腹でランチタイム
長い長いシングルトレイル
調子に乗って何度も転倒

広場でときどき休憩。午後もいい時間になると、温泉や、夕飯の話題がちらほら。

今夜はとんかつ、それも大盛りだあ!



Y氏はクロモリハードテール26"MTB

徐々に影がのび樹林帯では薄暗く感じる時間に
ようやくトレイルは終わりを告げ里に到着

Yさん、ガイドお疲れ様でした、
パスハンターで鍛えぬいた走りは流石ですね!
未熟者ですがまた機会がありましたら是非お願いします
 また、S先生、T先輩、誘っていただきありがとうございました

最高のツーリングでした
感動!