2012/04/13

古い高度計

羽倉橋からの新都心
自転車なんて、ミニベロなんて、危険だからもう乗らねっ!
おら電車で帰る、てな感じで退社して

途中下車してジョグを入れました
ガーミン様によると12km

やっぱ、ひざ痛いなあ、右だけだったのに
今朝の転倒でぶつけたからか左もダメだあ


と、アドベンチャーレースに向け、てきと~にがんばってる私です。

さて、そのレースに必要となる高度計ですが、先日のトレーニングではS先生からお借りしたものの、今度は自分で準備しなきゃなりませぬ。

候補は、POLAR S710、CASIO ALT-6000。

 まずはPOLARをSTART。
いいジャン、表示もでかいし、と思ったのもつかのま、こいつ、アジャストがめんどい。

計測モードを抜け、深めのメニューでやっとキャリブレーションできる。レース中のアジャストは数回だと思うので、それだけならなんとか我慢しようかと思ったのだが、、、

ハートレートの入力がないと、「あっ、お休みですか、さいですかっ」てな感じで、一定の時間を経過すると、計測をやめてしまう仕様なのである。STARTボタンを押して計測再開するのには8秒くらいかかる。こいつはたぶんイライラするなあ。

それを回避するためにハートレートセンサーつけるのもちょっと、、、

じゃあ、あれ、あれ探してみよう。昔買ったカシオ。
あったあった、でもバンドは溶けて捨てたし、もちろん電池切れ。

4個のネジを外し裏蓋を開けて、白いプラスチックのリングを取り外し、バッテリー押さえのネジを外し、CR2025を入れる。

入れたら、逆の手順で閉じる。

とにかく、老眼にはきつい作業じゃて。
う、動いたけども、、、
日時がリセットされたときの初期設定が
90年1月1日ってーーーーー古っ!

カシオのサイトでマニュアルをダウンロード、さすがにありませんでした。

ないものはしょうがない、適当にいじくって時間をセットし、高度のアジャスト方法をみつけました。S710に比べるとすごくシンプルなのだ。

高度の精度は5m単位。まあなんとかなるか。本番はこれでいかせてもらいます。

でも、突然ビープが鳴ったりするのはなぜ? びっくりするよ。
アラーム時計は切ってるので、指定高度に到達したとかのアラームだと思うけれど、ほんとのところはわからんなあ。

明日中にバンドを買わなければ間に合いません。幅は20mm。

0 件のコメント:

コメントを投稿