2012/04/17

ネジの傷み


ねじ山が磨耗や損傷により低くなり
かみ合わせが甘くなったり、かみ合わなくなることを
ネジが「ぼける」って表現することを、最近知りました

今までは「なめる」でひっくるめてました

上の写真のネジは「ぼける」「なめる」の範疇を超え
なんて表現すればよいのでしょう

とりあえずここでは「ばける」でいいでしょうか?




先日のお散歩中GT Transit Expressが「ギャゴー」と悲鳴を上げて急停止。

ブレーキドラムのステーを固定するボルトが脱落して、ワイヤーごと巻き込み、Rブレーキがフルロック。異常なテンションのかかったRブレーキアウターがFブレーキアウターをも巻き込み、Fブレーキもフルロック。

転倒はしなかったものの、あまりにもアクロバティックな急停止に、近くにいたおじさんから羨望のまなざしを受けました。汗

「なんかブレーキがこわれちゃいました~! えへへへえ」

とか、適当なことを言ってその場を逃げ去りたかったのですが、なんせブレーキがかかってるのでとりあえず路肩へ退避。フロントカンチを開放し、リアブレーキワイヤーの巻き込みを戻してズリズリとカタツムリのように退散しました。

確認すると、アウター受けがひん曲がりネジが「ばけ」てます。

ちょっと、復活は難しいかと思いましたが、、、一般車って、鉄っていけてます。なんとか直りました!スポーツバイクパーツじゃこうはいかんでしょう。

アウター受けの曲がりを直すときにメスネジがタイトになったのでしょう。ボルトが全域で「ぼけ」てます。

コトの発端となったステー固定用ボルトには「なめ」ひとつない新品のロックナットをぎっちり閉めこんでおきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿