2012/08/26

沼と花火とベアベルと

2012/8/26 五色沼

エクステラジャパン主催によるイベント
2012/8/25 2012 XTERRAジャパン チャンピオンシップ
2012/8/26 2012 XTERRAジャパン トレイルラン
  
大会ボランティアスタッフとして参加しました

【アクティビティ】
8/25は、トライアスロンのアウトドア版
丸沼でスウィム(1.2km)
丸沼~大尻沼付近のMTB(25km)
丸沼付近のトレラン(10km)
※ 海外から招待選手が参戦するスピードレース

 8/26は、日光白根山系のトレラン(50km)
※ 新たに開拓された急峻なルートを含む過酷なレース
集計を確認していませんが、完走者は30%以下だと思います

両日にわたり、ダブルエントリーし
見事完走した猛者もいらっしゃいます
選手の皆様おつかれさまでした!

 ・

こんな、すさまじい大会にエントリーすることはどだい無理ですが
ボランティアスタッフとして、その興奮を共有することができ
有意義な時間を楽しむことができました

初日のトライアスロンでの役割は、バイクセクションでのコース案内です。大会前々日、コースを試走していた選手が熊と鉢合わせし、怪我を負う事件が発生。幸運にも選手は軽傷でしたが、熊対策が最重要項目に盛り込まれました。

(1)コースへはベアベルをつけて入り、要所要所で花火を鳴らして火薬のにおいをつける。

(2)コースが交差する部分で選手を誘導する。

(3)対面通行となる部分の安全走行を促す。

(4)負傷者発生時に対応する。

慣れないながらS先生、T先輩に先導されつつコースに入り、花火を鳴らすのですが、花火に火をつけたのは何年ぶりでしょう。別地点の花火の音に応えるように、こちらも点火。静かな山中に炸裂音がこだまします。 なんとも懐かしい、、、

レンタルバイク。このバイクを借りる選手は、たぶん普段はバリバリのロードレーサー、ランナー、トライアスリートなのでしょう。

ストロークの短いサスと、Vブレーキの重いMTBで、戦闘力はかなり低いはずなのですが、みな、気にせず激走していらっしゃいました。

マシンに妙にこだわる自分がバカみたいですが、まあ、趣味ということで、、、

見るだけなら美しいですが、選手は冷たい丸沼でスウィムです。

選手の安全を祈り、定期的に花火を鳴らします。
沼とウィルダ~ネス!な心地よいコース。押し、担ぎともありますが、乗車率は高めです。走ってみたいなあ。

熊さえいなければ、、、
コースが交差する部分で、必至で走る選手がルートミスしないように誘導します。

T先輩とも話したのですが、想像以上に29er率、高いです。このコースに向いてる?という理由だけではないような気がする。

森と大尻沼

2日目、トレイルランニングでは山岳セクションでのコース案内です。五色沼の分岐を正しいルートに導きます。

大会前日にコース案内のリボンが撤去された区間があるとの情報が入ったため、再度設置、または確認の作業が発生しました。

幸いにも、担当エリアである奥白根山下部~非難小屋~五色沼~前白根の区間、リボンは健在。要所に追加するだけでOKでした。

S先生と私は選手の誘導と応援のあいまに、沼と360度の山映を楽しみます。こんなに長い時間、テン場でもない山中にどどまることは無かったので、とても新鮮。

T先輩はスウィーパーなので白根山頂駅のエイドで待機。足切りを食わなかった最終ランナーとともに目印のリボンを回収しながらこちらへ降りてきます。 白根山頂駅~奥白根山~非難小屋~五色沼~前白根山~五色山~金精山~金精峠~丸沼高原~大尻沼~丸沼、と、約30kmのスウィープ。すごい働きっぷり、えらっ!

五色沼
非難小屋付近の草原
弥陀ヶ沼、スウィーパーのT先輩を見送りエスケープルートから下山

持てる力を振り絞り激走する選手全員に
大会を運営されましたスタッフの方々に
そして、この機会にお誘いいただいた
アフロオールスターズのメンバーに心よりお礼申し上げます


2012/08/20

ママちゃりで颯爽と、その三


なかなかですよ。いけてますよ。
全然これでいいです。

 OCHAGAVIA Silvestre Cabernet Sauvignon
オチャガビア シルベストーレ(赤)
チリ

ラベルの説明→「ベリーやバニラ、シナモンの風味を持ち
フレッシュさと心地よいタンニンを併せ持つ
バランスの良い赤ワインです」とのこと

富士貿易株式会社
598円

プジョー LC51

パソコンにかじりついて、これいいんぢゃねえ、オサレっぽいし、改造しやすそうとか、妄想してたら。

「サビサビのおらの自転車どうにかしてくんない、調子悪いんだけど」と家族の声。

ごもっともです。

ベース車は7年選手のこいつになりそうです

MIYATA Pizza


2012/08/18

夏だ! カレーだ! ヤキトンだ!




「夏グルメサイクリング」

メニュー

コンビニエンスモーニング
 シーサイドスノーコーン
ベジタブルミールス
ジェラート
ペッパージュース
ビア & グリルドポーク

来月はじめに参加するアドベンチャーレースが
かなり暑い!とのことなので、
灼熱のコースを長時間行動するトレーニングをしました

メンバーはもちろん参戦する顔ぶれ
S先生、T先輩、わたしの3名

スタート時はうす曇で快適でしたが
序盤を過ぎたころからじわじわ気温があがり
予定通りのトレーニングを行うことができました、きつっ!
でも、「夏グルメ」を銘打ったため
胃袋は大満足のツーリングになりました


コース(約140km)

7:00 見沼自然公園 (集合、その一)
道満グリーンパーク (集合、その二)
葛西臨海公園、カキ氷
さいたま市、カレー
荒川CR榎本牧場、ジェラート
吉見総合運動公園、ドクターペッパー
東松山、ヤキトン
輪行 ~ 帰宅

レースのトレーニングですので、機材は本番同様のMTBを使用します。

のはずでしたが、
私のスコッティーは目が覚めておらず、さすがにフルサス、スルタンでは死にそうなのでドロップマウンテン。一人だけ反則技でした。

最後の行程が輪行なので、その道具も背負って走ります。

GIANT カーボン (S先生)
ORBEA アルミ (T先輩)
BREEZER クロモリ (わたし)

集合後まずは腹ごしらえ。スマホでコンビニを検索し、CRから降りて朝飯をねじ込みます。

S先生とわたくしはなんだかおなかの調子が悪いのです。

せっかくの「夏グルメ」なのに、、、

うすぐもりで走りやすい。

遠くに雷鳴が響きます。

海に到達したので記念撮影
葛西臨海公園に着いたころ、ちょうど雨が降り始めました。本降りですが、天気予想によると回復しそうなので、カキ氷を食べながら雨宿りします。



雨宿りした場所は、藤棚のような葉っぱの屋根なので雫がポタポタ落ちてきて結構濡れます。
南の空が明るくなって、しばらくするとかなり小降りになったので、再スタート。

首都高の下は路面も乾いており、泥はねが無く快適です。結構段差があるのでロード向きではありませんが、MTBの今日は問題ありません。













だんだん日差しが戻り、蒸し暑くなってきました。

途中、グランドの水場で頭を冷やし、給水します。

ちょうどおなかが空いてきたところ、 さいたま市のインド料理店で、ベジタブルミールスのランチを大盛りでいただきました。

うまかったぞー、夏はやっぱりカレーだね!
水も十分すぎるほど摂取完了!

さあ、デザートを食べに移動です。

デザート前にプチトラブル。
BREEZER のリアタイヤがパンク。
原因はわからずじまいでしたが、T先輩がニップル穴切削時の切子のようなものをタイヤ内から発見したので、そのせいかもしれません。

リムテープとチューブを交換して再スタート。

われわらが立ち往生していたため、「水いるか~」とか、「大丈夫か~」とか声をかけてくれる何人もの住民の方がいらっしゃる。この地域の心の優しさに感動しました。

この場所からちょっとで榎本牧場、時間が遅くジェラートのフレーバーは4種類。私はシンプルに「ミルク」をいただきました。

このサイクリングの最終行程はヤキトンで締める形式となっているため、だめもとでヤキトン仲間二人に連絡を取ってみます。すると、友人S氏がご一緒できることになりました。なんと、心強い!

一休みしたあと、脱走した子豚の捕獲劇を鑑賞し、北に進路をとります。


草原にまっすぐ伸びるサイクリングロード
榎本牧場から吉見総合運動公園までは、最高に干されました。ドクターペッパーが吸い込まれるように入っていきます。

丘陵を越えてヤキトン屋に到着。友人S氏が自転車で出迎えてくれていたのですがストレートなコースどりをしたため一緒に走ることはできませんでした。申し訳ない。程なく友人S氏も到着して、、、

かんぱ~い!

干されたあとの、ビール & ヤキトン、気の合う仲間。至極の幸せ!

明日、S先生とT先輩はアドベンチャーレースの大会スタッフとして、コースを試走(トレラン50kmとか意味わからん!)する予定があるため、心地よく軽めに切り上げ輪行で帰宅しました。

皆さんお疲れさまでした。良いトレーニングになったのではないでしょうか。また、友人S氏、突然の誘いにもかかわらずお相手していただきありがとうございました。

また、よろしくお願い致しま~す。


BREEZER Lightning

2012/08/17

ママちゃりで颯爽と、その二

ロードと一緒にママちゃりで走りた~い。

「それでは鍛えたまえ、機材に頼るではない!」

そうでした。地味に早い自転車では意味が無い。
それは、リアルなママちゃりで走ってることにはならないから、、、

ママちゃり耐久レースのレギュレーションは
イベントによって異なるようですが、
どの大会もあまり改造は許されていないようで、
ドロップハンドル禁止でタイヤは1 3/8のみ。変速も6段まで、、、
タイヤ径、サドル高、ハンドル高の制限もある場合がある。

このあたりを基準に改造するとすれば、
ある大会のオープンクラスで認められている。
DHバー、ペダル、サドル程度か、、、

【新しい視点にたったベース車両】
・エレガントなフレーム(スタッガード、ミキスト以外)
・ママちゃりど真ん中26インチホイール
・外装6段変速機 ← 内装は踏むと壊れるので

探してみると、外装変速が付くとスポーティーなデザインが多いなあ。

ぎりママちゃり

こんな感じのデザインの車両に、
サドル、シートポスト、ステム、ペダルの変更 + DHバー。

Nさん、これならどうでしょう!


2012/08/16

ママちゃりで颯爽と

ママちゃりでロードと肩を並べて走りたい 、、、
またひとつ禁断の扉を開いてしまうのか?

【身勝手! わたしだけのママちゃり定義】
・ダイヤモンドフレーム以外
・前かご付き
・マッドガード付き
・スタンドつき
・法定品完全装備

【改造の方向性】
・ゆるい感じを残す
・700Cのロードバイク用ホイールを入れる
・細い高圧タイヤを入れる
・ドロップハンドルを付ける
・手元変速付ける
・ロード用サドルを付ける
・ビンディングペダルをつける

【私的、改造に適したベース車両】
■Khodaa Bloom Enaf 700
コーダブルーム イナフ700
http://khodaa-bloom.com/2012/enaf/
第一候補。
ゆるい雰囲気、値段、装備、ジオメトリ、
非常にバランスよく改造に適していると思う。
リアエンドもリプレーサブル!
唯一の難点はリアエンド幅が135mmなことか。


TREK Belleville WSD


トレック べルヴィルWSD
http://bikes.trekbikes.co.jp/jp/ja/bikes/town/urban_utility/belleville/belleville_wsd/#/jp/ja/model/details?url=jp/ja/bikes/town/urban_utility/belleville/belleville_wsd
雰囲気はもっとも気に入っている。
内装変速だが、写真を見る限りリアエンド付きのようだ。
ベースがしっかりしていて改造はしやすそう。
気がかりはシートチューブが71度なところ。


KONA Roundabout

コナ ラウンダバウト
http://www.konaworld.jp/bikes-roundabout.htm
普通に走れそうですが、お値段も高い。
もはやママちゃりではなく自転車なので、面白味に欠けるか。


Soma Buena Vista

ソーマ ブエナヴィスタ
http://www.somafab.com/archives/product/buena-vista
http://tsss.co.jp/web/?page_id=71←東京サンエス
フレーム売りのミキスト。コナとOEMかも、微妙に違うけど。
サイズも豊富でポジション出しも問題なさそう。
やはり、自転車感が強すぎる気が、、、

と、いう妄想。

2012/08/15

吉見百穴~飽食のポタ


ミニベロで走りませんか?

二転三転して決まったコースは
牧場のジェラート ~ 石釜ピザ屋をめぐる

「飽食のポタリング」

結局の走行ルートは下記のとおり、

川口 ~ 大崎公園(川口) ~ 見沼用水(西縁) ~
さいたま新都心 ~ 上江橋 ~ 荒川CR(左岸) ~
榎本牧場 ~ 吉見運動公園 ~ 吉見百穴 ~
荒川CR(右岸) ~ Piseria(西遊馬) ~
 見沼用水(東縁) ~ 見沼記念公園 ~ 川口

途中乗車、途中下車のわたしのメータは103km
フルコースのメンバーは130kmくらいかな?


飽食ポタ、なんとも甘美な響きのイベント

しかーし、集合場所に到着すると
燦然と輝く金色バーテープのミニベロが
それは、修行のしるし

終わった、ポタは終わった、、、


RITEWAY Glacier 改 Nさん
Cr-Mo 451 改 Tさん
ALEX MOULTON TSR 改 kaiさん
DAHON Smooth Hound 改 わたし

大崎公園から荒川まで私が先導。CRに入ったところで、Nさんに引いてもらいます。

雲がかかり気温はさほどでないものの、80%と予報されていたという湿度は、呼吸が苦しいほどのうっとうしさ。確実に体力を削られる。

でも、まだまだ序盤。みな元気です。

CRに入れば、榎本牧場はすぐそこです。

CRを外れて市街地を進む
牧場のフェンスに駐輪
イラガ、触るとスゴ~く痛いらしい (Nさん談)
牧場に到着すると
既に何名かのサイクリストがジェラート待ち
売店OPENには、少し時間がある

ので、  「ママちゃりは改造すると早いのか」
 について意見を交わす

程なく開店!
わたくしは、ミルク&クッキーをチョイス
おいしゅうございました

石釜ピザレストラン「Pizeria」は、11:30からのようなので、それまで時間調整を行う必要があります。

当初は牧場で折り返す予定でしたが、さらに北上し、吉見運動公園を目指します。

このエリアの左岸のCRは通行者が少なく走りやすく感じました。

しかし蒸し暑い。

水はねさせないよう慎重に通過
吉見運動公園、管理棟に行くには、荒川を渡り
右岸をゆく必要があります

初めて通った細い通路は、途中に水溜りが、、、
ピザレストランで恥ずかしくないよう
泥はねをつけないよう慎重に通過します

右岸を順調に進みます

吉見運動公園の手前で、日が差し始めました。

う~!冷たいコーラが、の、み、た、い

自転車をとめて、そそくさと自販機へ

前回ここに来たときには、ソーダ味のキャンディーを食べたのですが。混入したラムネとのマッチングが理解できなかったので今回はパス。みなさんはドクターペッパー、わたしはコーラ。

前回の記録

しばらく、「ままちゃりの定義」について論議しましたが、レストランの開店にはまだ早すぎる。なので百穴を見に行きますか。

吉見百穴、ネイティブサイタマンは小学校のころに習ったりする、超有名な遺跡らしいのですが、私はじぇんじぇんその歴史を知りません。以前、遺跡の前を通ったときに友人から聞かされたはずなのですが、興味がなかったので、すっかり忘れてました。

当然、場内に入るのは生まれて初めてで、百穴、ヒカリゴケ、発掘物、軍需工場を見学。軍需工場トンネルは天然のクーラーが効いて入り口から冷気が吹き出るほど。中に入るとスーッと汗が引いてゆきます。猛暑の中走ってきたわれわれは出たくなくなる快適さ。

2012/8/15 吉見百穴にて
軍需工場入り口のシダ
記念撮影のポーズには掛け声があったような気がしましたが
何でしたっけ?思い出せません、、、
          
百穴の下部の軍需工場は、日本帝国軍が
航空機の部品を製造するために掘ったトンネル状の施設
実際に使われること無く終戦を迎えたらしいのですが
なんと偶然ですが、今日は終戦記念日でした
kaiさんが気付きました

歴史的遺跡と史跡を前に
「ママちゃりに必須の装備はなにか?」
について語りました

時間もよくなったので、ようやくメインイベント会場に移動をはじめます。

こんなところで、お天気雨です。

荒川をわたるとき水溜りに注意したことは無に帰しました。


みな、泥はねだらけです。

特に、ダウンチューブの細いKaiさんは前面も派手にやられてました。

もう、グランジ系グラフィックということで開き直るしかありません。
晴れてんですけどね、ぱらぱら降ってます。

気温と湿度が半端なく、定期的に熱塊爆弾がわれわれを襲います。

あじい~

程なく、雨はあがりましたが、爆弾の威力が増しました。
上江橋を越えればレストランです。

わたしが頼んだクリスピーピザは、オニオンソースとオリーブとアンチョビのトッピングしたもの。

オーダーをとってくれたお姉さんにチーズ入ってませんがいいですか?ときかれて。じゃあ、それはやめとくって言えない気の小ささ。

チーズが食べたかった(泣



アンチョビを戻さないようにゆっくりと帰路を進みます。

この時間帯はドピーカンになり、異常な暑さ。熱中症にならぬよう水分を十分に補給しますが、思うようにペースは上がりません。

やばいので予定より手前、見沼自然公園で小休止を入れます。

RITEWAY Glacier 改 (Nさん)
Cr-Mo 451 改 (Tさん)
ALEX MOULTON TSR 改 (kaiさん)
DAHON Smooth Hound 改 (わたし)
「ママちゃりの改造と安全性~活用」
について意見をまとめ
解散となりました

みなさん暑い中お疲れ様でした。
またよろしくお願いします。

DAHON Smooth Hound Demontable