2012/08/05

おやすみ、スコッティー


MTBライドを数日後に控え
ようやく移植を開始

せっぱつまらないと動けないのは
小学生のころから変わらない

摘出した、ドナー(SCALE 29 Elite)からの移植パーツ

朝の家事を済ませて、といってもズ・ボーラなのでたいした役に立ってないけど、昼寝中のフルサス、スルタンを起こしにかかります。

まずは、スケール29エリートから移植パーツの取り外し。

タイヤ → リヤブレーキ →
リヤディレーラー → ハンドル周り →
フォーク周り → クランク周り

てな、工程
※ズ・ボーラとかいうとかっこよくねえか?わかるのはロードレーサー乗りだけか、、、

SCALE29 Elite ヘッドまわり
再組み立て時の参考画像
RADICAL COMPONENTS のグルグル巻きは
自作マップケースのズレ防止ラバー
パンク修理不可なチューブを再利用

摘出完了

今回フレームとともにスリープさせるのは、

フロントディレーラー & シフター
ヘッドセットアッパー
ヘッドセットボトム(ベアリングレースのみ)
BB
ステム & ハンドル
サドル & シートポスト
チェーン

たぶん9月には使うから、、、それまで
おやすみなさい!
スルタンには別のサドルをつけます

SDG Landing Strip

以前トレイルで使って気に入っていたやつの、セルフデッドストックです。

ノーズに高さがあるのでうちモモのグリップがよくコントロールしやすく、厚手でこしのあるクッションは、ちょい落ちもちょうどいい感じ。

もう爺なので、落ちなくなりましたが、、、泣

ノーズの裏には、何のためだか、プラスチックのガードが付いていて、、、

エアーの巻き込みを防止、なわけありません。担ぐときに肩当たりがソフトになります。

たぶん、そううゆうコトかと思います。

パーツのクリーニングやったり、途中でドッグフードを買いにいったりしてたら、移植の完了はすっかり夜になってしまいました。




SCOTT SCALE29 Elite
TERNER SULTAN



2 件のコメント:

  1. ズ・ボーラですか。
    いい響きですね。

    さしずめ自分はズ・ボーラのチャンピオンかな。

    だってズ・ボーラONEだもん。

    返信削除
  2. そうだった、
    kaiさんはリアルにナンバーワン!でした~(笑

    ボーラ、いつか乗ってみたいホイールであります。
    しかし、それに見合う、回転機構←自転車ね!を
    持ち合わせてないのだあ。

    パワーソースは、、、?
    ほっといてくださいまし(笑

    返信削除