2012/10/22

元・ママちゃりで颯爽と、リアブレーキ台座の補強


3mm厚のブレーキ台座の強度はギリギリ
おまけに、フィキシングナットの穴はひょうたん型

ストレスを軽減するために
マッドガード固定ボルトの頭が台座にあたるようにしてましたが
スリット状なのでトルクがかかればズレてもおかしくない

より効果的な方法として
ブリッジと台座の間にコの字断面のパーツがはさまって
台座の変形を抑えるようにしてみました

フレームに溶接されている、チェーンステーのブリッジ。上側にブレーキキャリパー軸の入る6mm穴を追加。

マッドガード取り付けパーツがぴったりと収まるようにリューターでスリットを広げました。

コの字断面のパーツはこんな感じで収まります。わかりやすいよう、ネジは締めず、マッドガードもつけてません。

ボルトはブレーキ軸に干渉しないよう、長さをぎりぎりまで削り詰めてあります。

台座は、もともとサーボブレーキへつながるアウターケーブルを通す穴にボルトオン。左右のズレを防止します。

チェーンステーにしっかりテンションがかかるように、コの字断面パーツと台座の隙間は2mmにしてみました。

ブレーキ本体、マッドガードを取り付けた感じでは実用強度はありそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿