2013/02/26

レンズ交換


遠くも近くも見えなくなってきました
遠近両用を作ってみたもののスポーツ用としては
フィーリングがいまひとつ

近くは捨てて、、、
度が外れてきたチカメ用サングラスのレンズを交換
ミラーコートはシルバーからブルーに
 遠くは幾分シャープに見えるようになりました

こんなふうに、 自分の目玉も交換できないものかねえ、、、

2013/02/25

富士見でパンク


橋に乗っかって視界が開けてきたところ
シュパァッシュパァッシュパァッ

富士を見ながらパンク修理しました
昼休みにじっくり点検すると
サックリ切れてます、もうだめかねえ、、、泣



2013/02/24

荒川修行Run


ああ、もうね、こんなに強いと笑うしかないね

荒川のんびりLongRunに参加してきました
冬本番の季節風は、気を抜くと押し戻されるほど
雲も鳥もとどまることはできず、からっぽの空

本日のロングランは修行ラン


BONT Semi Race 110 は相変わらず我輩に馴染まず
小指の付け根外側と、くるぶしが痛すぎる
インソールを追加したので成型がズレてるので
もう一度熱成型して、それでもダメだったら
ロングラン用に使うことはあきらめる

スタートは都営新宿線のガード下。東大島駅からアプローチします。
向かい風の登り坂は激坂の様相。重い~!
工事区間を迂回するため左岸にサイドチェンジ。渡るはずの橋を通り過ぎてしまって、引き返しますが、追い風のうれしいプレゼント。このままドン突きまで下りたい、、、
橋の上は左側面からの猛攻。
下りの追い風は瞬間終了。
北を見たとたん、下りでも止まるかと思うほどのブレーキ。


やっぱ、向かい風にはトレインが似合う。
話かけられても耳タブがボゥボゥいって、聞きとれないし、声をかけても聞こえてないかも。
したがいまして、笑顔を絶やさぬように独り言を唱えながらステップを刻みました。
高架下は滑らかなサーフェイス。段差の継ぎ目があるけれど、風さえなければ快適でしょう。

風も、坂も、トラバースも、凹凸も、砂利も関係なさそうにオープンのままツツツーッといっちゃう方もいらっしゃいますよ。
みな良い笑顔ですよね!

ペースは上がらないものの着実に前進。

順風方向に舵取りする本隊と別れ、川口方面を目指します。ここで、本日二回目のフレームセッティング。
偏減りの代償は大きい。ローテーション前のマーキングが全く役に立っていません。今後は、ウィールの山がセンターからずれないよう、こまめなローテーションを心がけます。ほんとに、できんのか?
Max Speed 31.9km/h
Moving Average 9.9km/h
Trip Distance 30.7km

まじ、疲れた、靴の痛さに、、、
ロングラン用に買ったのに、、、なんだかなあ(泣


2013/02/23

ローテーション

BONT Semi Race 110
インラインスケートのウィールに右左で異なる磨耗が進行し
かなり偏ってきたのでローテーション
 
単純な技量不足によるもの、、、らしい、あと、
Tストップのフリーレッグに右をよく使うってのも関係あるんやろなあ

新品からの磨耗具合

ABCD → CDABの並びにし、左右(足)を入れ替え、
エッジ(インアウト)を裏返した

2013/02/22

ミニベロらしいハンドルに


RITCHEY のアナトミックはお気に入りのシェイプ
なんの不満も無いのだけれど
もう少し力の抜けたミニベロ感を出したく
以前付けてたチッコイハンドルに取り替えます

FSA OMEGA SHALLOW DROP
31.8 / CC380 / D125 / R80




2013/02/17

真冬の川越ポタリング


川越の観光地満喫のデイトリップ
話に聞いていたポタリングの真髄
とうとう成し遂げました
 ↑
おおげさすぐる

いや、でも、面白い
走るところは走り、観たいところは観る
緩急をつけて小旅行の中に自転車の起動力活かす…
ガリガリ乗っていると気付かない楽しさが
たくさ~んあります
そして、そんなシーンには
やはり、ミニベロがぴったり!

Trip Distance 57.5km
Average Speed 19.4km/h

DAHON Smooth Hound

Tさんからリアルなポタのお誘い
集合場所は秋が瀬公園

待ち合わせがあるってェのに、時々撮影
時間ギリギリでお待たせしましたm(o_o;)m

本日のコースは、全く決めていないのでとりあえず現地まで行って、行き当たりばったりで観光することになりました。

とはいえ、まずは、絶対外せない本丸御殿にアプローチし、脇に見つけた観光マップで作戦を練りました。
丘に登ったり、記念碑見たりしながら喜多院方面に向かいます。
自転車を置いては観光、置いては散策を重ねます。
五百羅漢は参拝が有料なので門扉の隙間から拝みました。
いつものサイクリングではこんなに歩くことは無いです。それは予想していたので、みな歩きやすいシューズで来てます。
SPD x 2 + Crank Brothers x 1
喜多院売店の横顔
つくばいの水は凍てつき、溶けそうにありません。晴天でしたが気温は上がらず、風も強い一日でした。
東照宮の灯篭
寺院観光のあとは、お決まりの小江戸の街並と菓子屋横丁ですね。ビンコーラ&ジンジャーエールをシュポンと抜いていただきます。栓抜きが爽快!
「あ、喫茶店だ」と一度通り過ぎたのですが、屋号が屋号なだけに、自転車のりとしては寄らざるを得ませんでした。これは、大正解。

サイホン抽出のコーヒーがおいしいのはもちろんですが、な、な、なんと、かわいらしいメイドさんいらっしゃいます。ぜったいおススメ~な隠れメイドカフェでした!

グァテマラ、石釜、オーガニックをいただきました。
さいたまりそな銀行
時の鐘付近の雑踏の中、もちろん自転車を押してると邪魔なんですけど、それでもミニベロは影響が少ないかなあ。なんて、身勝手に納得。
DAHON Smooth Hound
小江戸を堪能したあとは菓子です。たい焼きにかぶりつき、紅芋饅頭をほおばり、芋スティックをかじりました。
口直しに、再度喫茶店。こちらのお店は以前から気になっていたので、私のわがままにつきあってもらいました。

即座には解釈不能な異空間で、ポットコーヒーorティーとケーキのセットをいただきながら、地元のおじさんから「中院」がイイ。という情報をゲット。

地図をみたら、既に観光した東照宮の近く。でも、自転車ならではの機動力を活かして即座に移動。
喜多院とは趣の異なる静寂なたたずまい。
春になるとしだれ桜が見事に咲くそうです。
中院の瓦畳
最後に、川越市立美術館に立ち寄り、芸術に触れて心を豊かにしてから帰路につきます。
往路は北西の風にたたかれ、きつかっただけに、快適に走ることができました。
締めに、曇り空に薄く浮かぶオボロ富士を眺めて、解散の場所に到着しました。


T&Tさん、お疲れ様でした
紅芋饅頭と芋スティックごちそうさまでした

小旅行も楽しいですね
自転車の楽しみ方の幅が広がりました

また、よろしくお願い致します

川越、菓子屋横丁付近