2013/04/12

Di2 導入!


ジャジャジャ~ン、ナンちゃって
Di2 は Di2 でもタムロンだぜ

TAMRON SP AF 60mm F/2 Di II LD MACRO 1:1
開放F値2で明るさと画質を追求したポートレートマクロ(メ)

「ああ、こんな写真撮りたいなあ」

ゆるポタさんの作品に時々登場する、APS-Cセンサー専用の60mm単焦点マクロを入手しました。最後までニコンのナノクリとどっちにしようか悩みましたが懐にやさしいお値段と、開放値2が最終的に背中を押しました。

 同じレンズを使ったところで、良い写真が撮れるわけではないことは百も承知。しかし、その機材を使わなければ、そのすばらしい表現の可能性はゼロだから、、、なあ。ロードレーサー談義にも似た話。

 ボディーは、知人から「でかいレンズキャップ」とバカにされているD70S。ファインダーがかなりイケてなく、私の目ではフォーカスの山を捉えにくいことと、視野率が低いので構図がくずれるのが気になります。解像度や画質とかは私のレベルで話すことすら恥ずかしいので問題ありません。

で、カッコイイ自転車の写真撮りまくるぞー!と意気込んで早速試写。
 




BREEZER Lightning

ズームレンズの機動性はありませんが
しばらく使い倒してみましょう!


2 件のコメント:

  1. マクロ撮影では、解放値はあまり関係無いような。
    被写界深度が浅くなるので、どこまで絞れるかが気になりました。
    虫とか撮ってた昔のこと(笑)

    返信削除
    返信
    1. kaiさん虫撮ってたんだあ、難しそう!

      私はポートレート時々マクロみたいに使おうと考えてます。
      撮影点から離れた被写体を背景から分離したいのですが、
      開放から少し絞った解像感も無視できません。
      APS-Cは被写界深度が深いので少しでも明るいことを重視しました。


      削除