2013/07/27

エッグビーター、スピンドル交換、、、できず 


ミニベロ乗りの友人が仲間うちのサイクリングイベントを企画したので、参加させていただくことにしました。丘陵と農村の道をツノダで走りたい気持ちが湧き上がりましたが、今回はミニベロ以外を機用するわけにはいきません。グッとおさえてDAHON Smooth Houndをチョイスです。

分解してかたずけてあったミニベロを屋根裏から引っ張り出すと、あることを思いだしました。

Smooth Houndにはエッグビーターを付けてあるのですが、横方向のクリート調整ができないので、若干つま先が開き気味になり、ペダリングに違和感を感じていました。それを、少しでも解消しようと友達にショートスピンドルを見つけていただいたのですが、交換しないままそのままパーツケースにしまってあったのです。

今日は時間もあるしスピンドルのショート化を実行しようと、、、

交換パーツとして保管していた、クロモリ製のショートスピンドルは先端にネジが切られていて、ロックナットで固定します。

「月日が経てども基本構造は一緒に決まっている!」

何の根拠もない安直な想像はあっさりと否定されました。
キャップを外してよく見てみると、古いエッグビーターは、ロックスプリングワッシャーと六角ボルトで固定する構造。

全然ちゃう、、、

交換できるかどうか不明だし、たとえ交換できたとしても、上手い方法とは思えないので、作業を中断しました。
パーツを並べて気付いたのですが、現状のエッグビーターとショートスピンドルの長さがほとんど同じなのです。

設計が根本から見直されていて、ボディーが内側よりにセットされ、ベアリング回りが大型化されているのかもしれませんし、ネットでよく確認もせず手に入れた中古のエッグビーターは、既にショートスピンドルがインストールされていて、そもそも、交換する意味がなかったのかもしれません。
であれば、せめて、走行中に紛失してコルクを詰めて、マジックペンで黒く塗ってあるだけのキャップを高級感あふれるアルミキャップに、との思いも、、、

古いタイプはラバーキャップを押し込みフリクションで留める方式で、ボディーがタップされおらず、アルミキャップのネジが噛み合うわけもなく、あえなく断念。

エッグビーターはSmooth Houndに、ショートスピンドルはパーツケースに何事もなかったのように戻し、今、とても虚しい空気が部屋を満たしています。



4 件のコメント:

  1. ミニゾンタル2013/07/27 15:36

    >虚しい空気
    わはは。
    ミニベロじゃなくてもよくってよ。

    返信削除
    返信
    1. ミニゾンタルさん
      いえいえそうはいきません、笑。
      明日はお手柔らかにお願いしま~す!

      削除
  2. 久しぶりのミニゾンタルさんとのサイクリングですね。
    お二人のサイクリングを見てきたので嬉しいです。
    潔しのミニベロ選択、充分理解できます。
    今日はどんな自転車が揃うか楽しみですね。
    たくさん楽しんできてください。

    返信削除
    返信
    1. あじこぼさん
      応援ありがとうございます。

      今は楽しいサイクリングを終え、プリン体を摂取中です。
      ミニゾンタルさんがレポートすると思いますが、
      多種多様な車種がそろい怪しい団体でした、笑。

      また、あじこぼさんとご一緒できる日を楽しみにしています!

      削除