2013/07/31

バラバラ、バヨネッた!


先日のサイクリングの途中、景色を撮るためにバックパックからカメラを取り出し、ラップしてあった布を外そうとした時、フードに指がひっかかって妙な感覚を覚えました。いや~な予感がしたので、そっとラップの中を見てみるとフードがバラバラに分解してました。

ラップの中で分解したからパーツは回収できたけど、草むらだったら完全にロストするでしょ。かかったストレスはほんのわずか、こんなんで壊れててどうするNIKON!

バラバラになったフードNIKON HB-45

フード本体と、指でバヨネットを操作するボタンと、バネと、パーツを固定するリングからなります。
このペラペラ簡単に剥がれるボンドというかラバーみたいのがダメなんです。
再接着するために剥がしましたが、あっという間に作業完了です。
スコッチの強力接着剤で修理しました。コイツなら、ちょっとやそっとじゃ分解したりしませんぜ!

本体にバネとボタンをセットしてからボンドを塗布し、10分待ってから貼り合わせて圧力をかけておきます。24時間で硬化します。

これでバラバラにならないでしょう。HB-45を使われているみなさんは、パーツをなくす前に強化しておいたほうがイイですよ~なんてね!
Nikkor AF-S DX 18-55mm f3.5-5.6G VRはフードが無ければとてもコンパクトですが、見た目がしまらない以前に逆光時のフレア&ゴーストが盛大なので、気休めだとしてもフードは付けっぱが標準でしょう。マニュアルフォーカスもやりやすくなりますし。
HB-45はプラスチックの厚みが薄くてシャープなデザインがカッコイイのです。さすが純正!



2 件のコメント:

  1. 昔はフードも金属だった。
    当然本体も。
    イマイチ一眼レフに、
    食指が伸びない原因かも(笑。

    返信削除
    返信
    1. kaiさん
      マグネシウムじゃだめですか?
      撮影の練習にデジタル一眼レフは最も効率が良いと思うんですけど、笑。
      最近、古~いD一桁機を手に入れて遊んでますが、手応えはそうとうイイですよ!
      問題は欲しいレンズが高価でなかなか手を出せないコト、泣。

      ホントのところは、私も、いつかは銀塩をたしなみたいと考えています。
      今は、技術的にも、ランニングコスト的にも敷居が高くて踏み込めずにいます。

      削除