2014/07/21

前だけ2つあってもどうしようもあるまい、死蔵…そんなことはわかっておる


やはり一筋縄ではゆかなかった。ようやくブレーキキャリパーをそろえることが出来たけれど、フロントキャリパーを2個も死蔵する羽目になった。


アクスルの長すぎるフロントキャリパー(右)はMASI Mini Velo Due Dropには適さない。根元までネジを切って、アクスルを短く切り詰めようかとも考えたが、アクスルの根元が太くなっていてタッピングの大変そうな香りが強い。


買い足す場合はリアだけ買えれば良いのだが、現行Campagnoloのブレーキは前後セット売りがデフォ。ディストリビューターに尋ねればバラで 買えたかもしれないが、そもそも、コンポ自体の供給が安定していないので、いつ手に入るかわからない。在庫の有るところで押さえるとなるとセットを買わざ るを得ない。ああ無駄、風変わりなフレームを選んだものの宿命かな。

Campagnolo Athenaのブレーキセットのリアキャリパーは、シングルピボットとデュアルピボットが存在する。見た目はシングルが好きなので、実は追加分はシングルバージョンを選ぼうかと迷った。しかし、以前スーレコを選ぶ時に同じ悩みを馴染みのショップでうちあけたところ、ブレーキは効くに超したこと無いよと一蹴されたことを思い出した。それに、経年で動きの渋くなったシングルはセンターが錯綜してパッドの当たり調整が難しいというレコードでの経験もある。妄想は捨て、まっとうにデュアルピボットを選んだ。


アテナのブレーキセットには4種類の袋ナットが付属する。アクスルにアセンブルされているのはアルミ製トルクス(T25)、スペアの袋入りがスチール製ヘキサゴン(5mm)。全部で以下の4種類から適合するものを使える。

アルミ トルクス L=13.5mm
アルミ トルクス L=16.5mm
スチール ヘキサゴン L=16.5mm
スチール ヘキサゴン L=21mm

しかし、MASI Mini Velo Due Dropのリアキャリパーマウント部は丁寧にもザグリが入れてある。そのためスリーブの長さが10.2mmある最短の13.5mmでも長すぎて固定することができない。マウント部を計測すると、スリーブ仕舞い寸法は8.5mm。スリーブは8~8.2mm程度に短縮しないと。スチールのをカットするか、アルミのをケズルか。フロントはデフォのアルミでいくつもり。だとすると、前後で使用する工具が違ってくるのは気分が悪いので、アルミのトルクスで統一することにした。

袋ナットのスリーブを削り短くする
フロントキャリパーのマウント
リアキャリパーのマウント、綺麗に収まるザグリ加工あり
この仕上がりのためにブレーキキャリパーを数で言えば一台分無駄にしたが、甘んじて受け入れよう。

ようやくブレーキが付いたので次はワイヤー行程なのだが、しかし、我が451部隊はそうは問屋を卸させてくれない。その前にいただいたお題、チェーンリング問題を解決する必要がある。私的には、ノーマルクランクの52/39で何の問題もないのだが。諸先輩方が執拗にこだわる「休むためのチェーンリング」。それを考察せずに先にすすむことはできない状況にある。




4 件のコメント:

  1. ミニベロ大好き2014/07/21 20:43

    ブレーキの取り付けご苦労様ですm(_ _)m
    色々大変なことになっていますね(^^;)

    私事ですと52ではかなりヤバいかと思います。やはり55か56あたりを用意した方がいいかと。この仕様は対Nさん用に(笑)
    冗談はさておき実際のところギヤが足りなくなります。

    返信削除
    返信
    1. アドバイスありがとうございます。
      私の力量ではギアが足りないという事態は発生しないと思いますが、笑、
      お飾りとしても魅惑的でありますので、前向きに検討いたしま~す!

      削除
  2. 佐渡くららサン、エージェントの顔を持つんですね♪
    愛用はSIGですか?
    いつもトリガーに指を掛けているのはいただけませんな。(笑
    誤射を防ぐため、トリガーガードに添わす形でないと♪
    しかし、くららサンは欧米型のしっかりしたスタイル。
    どちらかと言うと、もう少し華奢な方がタイプですね♪(笑

    返信削除
    返信
    1. 引っ張り出して観察しましたが、シグでは無いように見えます。どちらかと言うとH&Kぽいデザインで、架空のモデルかもしれません。トリガーガードがかなり大きく左サイドにレバーが3つあります。今気付きましたが、スライドが動きバレルとリコイルスプリングのガイド?が露出します。

      削除