2014/08/31

救急治療 / La Cela リアタイヤバースト寸前


嫌なものを見てしまった。しかし、見た以上ほっとくわけにいかない。普通のお宅なら「自転車屋持って行きな~」ってなるのだろうが、何台もの自転車を所狭しと置いている身にとって、家族の自転車の面倒をみることを避けて通ることはできない。

必要なパーツを準備して、夜間診療。La Celaのリアタイヤがバーストしかかっている。トレッドが残っているからたぶん、ブレーキシューが当たって裂けたんだろう。こんなセッティングをしたのはどこのいい加減な自転車屋なんだ、、、俺だ。あと、乗り心地について悪態をつかれていたサドルも、本来のママちゃりに戻すためにドッグ入りしているMIYATA Pizzaから移植しよう。

修理が終わって、試走をかねてコンビニでトリスのハイボールを調達。プシュッ!うまいぜ!

【今夜のメニュー】
タイヤ交換、前後
フロントハブ、グリスアップ~当たり調整
リヤブレーキ調整
サドル交換







2014/08/30

ついていないからおとなしく家こもってパズルに興じる

きのうから、ネズミ捕り(反省)に始まりいろいろとトラブルが多発。天気がよくなったから気晴らしに走りに出かけたいが、なんとなく嫌な予感がする今日は、家でパーツでもいぢろう。完バラにしてあったハブダイナモでも組み立てる。

STURMEY ARCHER DYNOHUB


あまのじゃく~人柱 / TUFO CALIBRA 700 x 23C

さて、コルナゴのバースト寸前のVittoria OPEN CORSA EVO CXを引き継ぐタイヤはどうしようか。使い慣れたVittoriaのままでゆくのか、それとも、定評のあるContinental Grand Prix 4000SIIにしてみようか。そんな迷い道の出口への切符は身の周りに情報の無いテューフォー。チェコでハンドメイドされているとのことだが、どんなもんか使ってみたくなった。ハイ、人柱!

チューブラーで有名な同社初となるクリンチャー、カリブラシリーズは、カリブラライト(150g)、カリブラプラス(180g)、カリブラ(195g)のラインナップ。通勤がメインの私が選んだのは最も耐久性のあるカリブラ。トレッドとサイドウォールに耐パンクベルトがある。

TUFO カリブラ
サイズ:700×23c
重 量:195g±5%
ケーシング:カーカス層240TPI、サイドウォール120TPI
推奨空気圧:6-10bar(90-145 p.s.i.)
ビード:フォルダブル
カラー:ブラック
価 格:5,670円(税込)
取 扱:トライスポーツ

オープンコルサのシルキーな乗り心地は期待していないが、初めて使う物。どう転ぶにしても、とてもわくわくして楽しみなのだ。



TUFO CALIBRA 700 x 23C



2014/08/23

MASI Mini Velo Due Drop 改 / ポジション出し



サドル高、サドル角度、ハンドル角度。完成したMASI Mini Velo Due Dropのポジションを朝のサイクリングで詰めてみる。荒削りではあるがまずまずクランクが回るようになった。一番の収穫はというとサイクルコンピューターのケイデンスがちゃんと機能することだ。と、いうのも。MOULTONで使用していた時は、なぜだか?何かに干渉するのか?、センサーが遠いのか?とにかくケイデンスが倍速で表示されて困っていたのだ。160とか出るもんだから、ちょうどハートレートの数値に近くて、読み違えることしばしば。信頼のブランドにがっかりしていたのだが、その不具合がピタッと収まった。やはりMOULTONのジオメトリーと相性が悪かったのだろう、と結論づけることにした。

7:00AMになったら折りかえすと決めていた


サドル高調整(+5mm)
サドル高調整(+3mm)、ハンドル角度調整(上げ方向)

サドル角度調整、ハンドル角度調整(上げ方向)
サドル高調整(+2mm)、サドル角度調整、ハンドル角度調整(上げ方向)



2014/08/20

家練の仕込みをしたところで無駄に終わるのが目に見えてる


木曜の自電車通勤のために、車で帰宅用自転車を仕込む予定だったが、リアタイヤが裂けて予定が狂った。スペアタイヤの入手には、じっくり銘柄を選びたいので、固定ローラー用のホイールを準備した。が、本当に固定ローラーに乗るかどうかは大いに疑問が残る…ローラーって楽しくないからなあ。

ホイール: Campagnolo Eurus
タイヤ: Continental ULTRA SPORTS
カセット:Campagnolo Centaul 10S 14-23





よくもバーストしなかったものだ / Vittoria OPEN CORSA EVO CX


MASI Mini Velo Due Drop改のポジションを考える時、ロードバイクのポジションを参考にしなければならない。 しかし、ずいぶん前からロードバイクに乗ってなかったので、すっかり感覚を失ってしまってしまい、あいまいなイメージしか残っていない。それを取り戻すためにロードバイクを引っ張りだした。

サドル、ハンドル、ペダル。CORNAGO Extreme-C JETにはMASIと同等の、コンタクトパーツが取り付けて有るので比較はしやすい。久しぶりのナイトライド、やはりロードバイクは楽で早い。サイクルコンピューターのセンサーセッティングがずれてしまって、スピードメーター、ケイデンスともまともに計測できなかったが、普通に10%増しの感じだ。

帰宅後、センサーをセットしていて、リアタイヤにでっかいゴミが付いているなあと思っていた。クリスが破壊した牛乳パックのかけらだと思っていた。メンテの最後にそれを取り除こうをしたところ、それは、タイヤの破損だった。幅9mm長さ29mmにわたってタイヤのトレッドが剥ぎ取られていた。こんなでかいのは初めてだ。破損の状況からすると徐々に広がった感じではなく、使用により劣化した部分がブレーキングの時にでも一気に剥がれたと思われる。走り出す前にはなかった破損、いつ剥がれて、その後どのくらい走ったのかわからないがよく無事だった。ホッ!




2014/08/17

伊佐沼バヴァルダージュ、ヒヤカスつもりが買わされて


自転車に特化されたフリーマーケット伊佐沼バヴァルダージュをヒヤカシに行った。会場を後にする私のバックパックには、黒いBROOKS B72が入っていた。

B72は4本のスプリングスチールで座面をささえる構造で、実用車や婦人車に向く、どっかり座れるモデル。私を含め、レトロなバイクを持たぬ者には無縁の長物ではあるが、ママちゃりに使うといい感じになりそうだし、Fのミドルバーンがだめになったら換装してもギリセーフで妥協できるデザインだ。



BROOKS B72



Smooth Houndは休息モード

夏の間がんばってくれたDAHON Smooth Hound改。しばらくの間ゆっくりおやすみしていただきます。その間、私は失われた体力を少しでもとり戻すようにがんばろうか…これからやってくる、食事や酒のうまい季節の誘惑にどうやって立ち向かうのかが問題だ。

DAHON Smooth Hound 改


2014/08/16

恒例、お盆のサイクリング、葛西臨海公園


サイクルショップのサイクリングイベントが開催された。ツーリング仕様のDAHON Smooth Houndで参加した私は、サイクルコンピューターの時計がくるっていて集合時間に遅刻。それに気付いたのは帰宅してスマホの着信履歴を見た時というお粗末さ。申し訳ありませんでした。みなさんにご迷惑をおかけしたにもかかわらず挨拶無しの私に、なんのおとがめもなく恐縮しております。

8月も15日を過ぎると、さすがのおてんと様も威勢が弱まり、ところどころ向かい風に吹かれたものの快適なサイクリングを楽しむことができた。葛西臨海公園では、サイクルショップの社長から皆に配給があり、それぞれに好みのドリンクやフードを補給。毎度ありがとうございます!

















2014、お盆のサイクリング、葛西臨海公園



2014/08/14

MASI Mini Velo Due Drop 改 / コールサインはバードコール


暑い、雨だ、風だ、台風だといっては先延ばしにしていた試走。お盆休みも終わりが見えてきたので、やらねばならぬ。朝、のんびり過ごしていたが、午後から雨の予報に、あわただしく準備してスクランブルをかける。


もうすぐそこまで秋がきている。サイクリングに最高の時期に、特殊兵装のミニベロは完成したが、身体は間に合わなかった、泣。


ブレーキが前後とも、けたたましい音をたてる。鳴く、なんてレベルでははく「警報」だ。ATHENAを信じてトーインをゼロにしたのだが、だめだった。406のフルカーボンディープでも同じように鳴く傾向があったが、それを大幅に上回る。音はバードコール的で擬音化するとすれば「キョキョッキョキョオオオオーーーー」かな。


しかたがないので、ナチュラルなトーインをかけた。止まる寸前には鳴くが、かなり収まって、406フルカーボンと同等になったのでよしとしよう。


サドル高も低すぎた。ツーリングポジションの値にしてあったのだが、全然しっくり来ない。クランクが回らない。10mmアップ。ほんとはもう10mmアップしたかったが、ハンドルのポジションが未体験ゾーンなのですこし余裕をもってセッティングした。


そうこうしているうちに、雨が、パラついてきたので復路に切り替える。


だめだまだ足りない、更に3mm程足してみる。ああ、ハンドルがどんどん遠くなる。


前傾が強くなった分ハンドルを前に傾ける。角度的にはほんとうに、ほんの少しだ。ブラケットの位置や角度は乗りながら確認し、信号待ちごとに修正を加える。


451部隊の発進基地となる公園で、休憩。自販機のアイスを喰らう。雨は一時的なもので、すっかり止んでしまった。ミニベロだけに市街地をオシャレに流してみるかと色気をだして、街に向う。





雨に打たれることもなく試走は問題なく終了した…ブレーキが大鳴きすることを除いては。ポジションのベースもできあがった。これで心おきなくバーテープを巻ける。

下記はポジションのセルフチェック用の写真。

MASI Mini Velo Due Drop 改