2014/08/02

自転車らしいカタチになってきた、が、クビが気になる



ワイヤーを張って、基本ポジションを出して、荒削りだがだいぶカタチになってきたMASI Mini Velo Due Drop。フレームサイズを選ぶ時にはこんなにシートポストが突き出す予定ではなかった、ブルックスのサドルが似合う落ち着きのあるたたずまいになるはずだったのだ。しかし現実はこのとおり、無理に伸ばしている状態ではないのにこのイケイケ感。サンマルコゾンコランでフィックスした。

本気ちゃりのハンドルは、私の身体がリッチーのアナトミックしか受けつけないので、それで決まり。当然このフレームには25.8mmのクランプでないと無様なので古いWCSを取り付ける。それに合わせてステムも当時のリッチーWCS、攻撃的な17度、120mm、25.8mm。コラム長20mmの余裕を残して、落差も十分(以上)確保することができた。

先週に引き起こした腰痛は序所に回復してきたが、なんだかクビの様子がおかしい。肩からクビにかけてとんでもなくコワバッテ、そんなに傷みはないのだがしびれる感じがする。たぶん腰痛に引っ張られた症状と想像しているが、クビをひねるごとにバリバリ音がしてつらい。特に上を見上げる動作がキツイので、このセッティングは今は乗れない。試走はもう少し先だ。

クビといえばもうひとつ大問題が残されている。MASI Mini Velo Due Dropのコラムスペーサーだ。このカテゴリのパーツはあまり気の利いた製品が少なく、クロモリアヘッド好きはステム周りのセッティングでいつも泣かされるポイントだ。ショップで薄手のものを見つけては買っておくのだが、そのストックにはノーマルコラムが多く、このバイクのオーバーサイズモノは分厚く野暮ったいものばかり。今はとりあえず、付属していたシルバーのアルミコラムスペーサーをぶち込んでいて締りが無い。クイルステムにすればそんな悩みとはおさらばなのだが、なんせ、細いフレームに黎明期のアヘッドという、そのニッチなスタイルが好きなのだから仕方がない。メーカーさんもこのビッグな市場に潤沢な選択肢と在庫を揃えてほしいものだ、笑。


 このアナトミックが馴染んでしまって他の形状を受け付けない


イタリアンバイクといえどもハンドル周りはリッチーで固める


このクビの太さはいただけない、要対策だ
 
MASI Mini Velo Due Drop 改


2 件のコメント:

  1. ホームセンターで探したら?
    径だけ合わせて長さカット。
    安価だと思うので、トライ&エラーOK!

    返信削除
    返信
    1. ホームセンターのパイプは、ラインナップを把握してませんが
      内径28.8 ~ 29.0mmのものを探すのが大変で、
      テクスチャーの良いものがなさそう、という固定観念にとらわれています、笑

      削除