2014/08/30

あまのじゃく~人柱 / TUFO CALIBRA 700 x 23C

さて、コルナゴのバースト寸前のVittoria OPEN CORSA EVO CXを引き継ぐタイヤはどうしようか。使い慣れたVittoriaのままでゆくのか、それとも、定評のあるContinental Grand Prix 4000SIIにしてみようか。そんな迷い道の出口への切符は身の周りに情報の無いテューフォー。チェコでハンドメイドされているとのことだが、どんなもんか使ってみたくなった。ハイ、人柱!

チューブラーで有名な同社初となるクリンチャー、カリブラシリーズは、カリブラライト(150g)、カリブラプラス(180g)、カリブラ(195g)のラインナップ。通勤がメインの私が選んだのは最も耐久性のあるカリブラ。トレッドとサイドウォールに耐パンクベルトがある。

TUFO カリブラ
サイズ:700×23c
重 量:195g±5%
ケーシング:カーカス層240TPI、サイドウォール120TPI
推奨空気圧:6-10bar(90-145 p.s.i.)
ビード:フォルダブル
カラー:ブラック
価 格:5,670円(税込)
取 扱:トライスポーツ

オープンコルサのシルキーな乗り心地は期待していないが、初めて使う物。どう転ぶにしても、とてもわくわくして楽しみなのだ。



TUFO CALIBRA 700 x 23C



2 件のコメント:

  1. どう転ぶか?

    もちろん、立ちゴケでしょ!(笑

    返信削除
    返信
    1. そんな危険な銘柄なのか、それとも、初心者ごろしという意味なのか、怖!笑

      削除